Bombo Kids

メニュー

ホーム

>

東武鉄道の車両

>

車両工場をのぞいてみよう

東武鉄道の車両

車両工場をのぞいてみよう

電車があつまる車両工場ってどんなところ?みんなの疑問(ぎもん)を解決(かいけつ)するよ!!

東武鉄道には南栗橋車両工場(みなみくりはししゃりょうこうじょう)という、東武で一番大きな車両工場があるよ。
ここでは、お客さまに安心して快適(かいてき)に電車を使っていただけるようにたくさんの検査(けんさ)をしているんだ。どんな検査をしているか紹介(しょうかい)するね。

電車の検査のしくみ
  • 入場

    検査をする電車が工場に入り、1両ずつ切りはなされます。

  • 屋根上部品(やねうえぶひん)の取り外し

    パンタフラフやクーラーを取り外します。

  • 車体と台車の切りはなし

    車体を大きなクレーンで持ち上げて、台車から切りはなします。

  • 台車とモーターと車輪(しゃりん)の検査

    台車からモーターと車輪を取り外して、検査をします。

  • 車体と電気部品とブレーキ部品の検査

    車体から電気部品とブレーキ部品を取り外して、検査をします。

  • 車体と台車の組み立て

    車体をクレーンで持ち上げて、台車にのせます。

  • 車体の塗装(とそう)

    ロボットで車体をきれいにぬりなおします。

  • 総合検査(そうごうけんさ)

    最後(さいご)に電車がちゃんと走ること、止まることができるか、検査をします。そして試運転(しうんてん)をします。